住吉神社
文化財
住吉神社について

例祭

年間行事

文化財

ご参拝

交通案内

リンク

TOPへ
住所
文化財
水盤舎
水盤舎

参拝者が手を浄めるための水盤を覆う明治2年の欅材切妻造の建物です。
四周の欄間には、懐かしい佃島周辺が描かれた浮き彫りが配されています。
海の安全を願う人々によって守られた貴重な文化財です。
水が張られた水盤は天保12年(1841)に木綿問屋の「白子組」によって奉納されました。

陶製 住吉神社扁額
陶製 住吉神社扁額

境内の鳥居にかかる陶製の額。明治15年(1882)に寄進されたもので、題字は有栖川宮幟仁親王の筆によるものです。

板絵着色蘭陵王図額
板絵着色蘭陵王図額

住吉神社の幣殿に掛けられている桐の板絵です。
蘭陵王が桴を持って舞う姿が描かれています。
中央区ゆかりの作家、尾形月耕の現存する作品としても貴重なものです。

木板金地着色蘆鷺図額
木板金地着色蘆鷺図額

蘆の生えた水辺の七羽の鷺(さぎ)を描いた板絵です。
鷺は住吉神社の神紋にもなっています。
作者は幕末から明治にかけて活躍し、神社宮司・平岡家とも親交のあった柴田是真です。

住吉神社文書

 住吉神社には、祭式、祭礼、社殿造営などの資料や、昔の人々の暮らしや神社の推移を示す佃島や区の歴史に関する986点の貴重な資料が伝わっています。


Copyright(C)SUMIYOSHI All Rights Reserved.