住吉神社
例祭
住吉神社について

例祭

年間行事

文化財

ご参拝

交通案内

リンク

TOPへ
住所
例祭
例祭
例祭

例祭日 8月6日
本祭りは8月6日前後の金曜から
月曜の4日間(3年に1度)
蔭祭りは8月6日・7日(神楽奉納)

 3年に1度の本祭りでは、獅子頭の宮出し(中央区区民無形民俗文化財)や八角神輿の宮出し、神輿を船に乗せて氏子地域を巡る船渡御が行なわれます。
 佃島の中には6本の幟が立てられ、龍虎の獅子頭、黒駒の獅子頭(共に中央区区民有形民俗文化財)も飾られます。

八角神輿
八角神輿

 住吉神社の神輿は「八角神輿」と呼ばれるとおり、八角形の神輿です。
 天保八角神輿は天保9年(1838)に芝大門の万屋利兵衛により製作されました。八角の神輿は関東ではめずらしく、天皇陛下の御座(高御座)を擬したと言われています。昭和37年までは隅田川へ神輿を担ぎながら入る、海中渡御が行なわれていたため、神輿の内部も漆が塗られ気密性が高められています。中央区区民有形民俗文化財に指定されています。
 現在は平成23年に製作された八角神輿が本祭りの際に巡幸いたします。また神輿庫に納められた新・旧の神輿は常時ご覧いただけます。

平成二十七年住吉神社例祭

コ川家康公400年祭・住吉神社御鎮座370年記念渡御が盛大に行われました。


新旧宮神輿


宮神輿宮出し


船渡御


獅子頭宮出し


Copyright(C)SUMIYOSHI All Rights Reserved.